メイクのあれこれ教えます♪

メイクのあれこれ教えます♪ - メイクのあれこれ教えます♪

メイクのあれこれ教えます♪

メイクのあれこれ教えます♪

女性なら誰でも、毎日のようにしているメイクでは、ベースメイクが基本となります。
化粧下地やファンデーションは、薄く均等に伸ばすことがコツです。
シワやシミ、そばかす、くすみ、クマなどが気になるからと言って濃く塗ってしまうと、かえって目立たせることになってしまいます。
小じわを目立たなくするには、周辺の皮膚を引っ張りながらファンデーションを塗ると、小ジワの中にもファンデーションが入って目立ちにくくなります。
また、それ以外のものは、カラーコントロールやコンシーラを使って、カバーするようにします。

アイシャドウの基本は、眉毛の下からまつ毛に向かって、色が徐々に濃くなるようにグラデーションをつけることです。
薄い色を全体に塗った後で、徐々に濃い色を使用して、必ず、ぼかしてなじませるように入れます。
アイラインは、瞬きしたときに隙間ができないように、まつ毛の生え際に極力近い部分に、目の粘膜に入れないように引きます。

チークの色を選ぶ時には、血色に近い色を選ぶと、自然な感じに仕上げることができます。
濃すぎると、おかしな感じになってしまうため、薄くぼかすように入れることが大切です。
大きめのブラシにたっぷりとチークを取った後、一度余分な粉を落とすと、濃くなりすぎることを防げます。
チークには、ほおの外側から内側に向かって入れる方法と、ほおの一番高いところに、丸く入れる方法があります。
イメージに合わせて使い分けると良いでしょう。

リップメイクは重要です。

リップメイクは重要です

唇によって、全体の印象が変わってしまいます。
印象的な唇にしたい時には、リップライナーと口紅、リップグロスを全て使用します。
リップコンシーラを使えば、唇のくすみを解消することができます。
また、ナチュラルな感じにしたい時には、自然に近い色を選ぶようにします。
リップはカラー選びも重要です。

このようなことが基本となりますが、メイクには、ナチュラルメイクやギャルメイク、ドールメイクなど、様々なものがあり、イメージを変えることができます。
たまには違ったメイクを試してみても良いでしょう。
色や入れ方を変えるだけでも、イメージは変わります。
また、和服を着たときやパーティのとき、仕事や学校用、デートのときなど、シーンによって変えることも大切です。
色々とチャレンジしてみるのも楽しいものです。

チークやアイシャドウなどのカラーを選ぶ際には、まずはイメージに近い色を選ぶだけでなく、自分の肌色に合わせた色を選ぶことがお奨めです。
慣れてきたら、様々な色を試してみると良いでしょう。
自分に合った色選びも楽しいものです。
また、化粧品を選ぶ時には、自分に合ったものを選ぶことも大切です。
敏感肌やアトピー肌でも安心なものや、ニキビ肌に対応したもの、アンチエイジングの効果が期待できるものなど、様々な化粧品があります。
肌に合わないと、化粧かぶれなど、様々な肌トラブルの原因ともなります。
必ず自分の肌に合ったものを選ぶようにしましょう。